豊川稲荷へのアクセス、駐車場、開閉時間、周辺スポットをチェック

2016/11/06

スポンサーリンク

愛知県で多くの参拝者が訪れる「寺院」と言えばここ豊川稲荷。「神社」ではなく曹洞宗の「寺院」であり、寺号は妙嚴寺(みょうごんじ)といいます。例年130万人以上の参拝者が訪れ、商売繁盛の神として知られており境内の参道には鳥居が立っています。また、門前には名物いなり寿司のお店が並んでおり、参拝者でにぎわっています。

アクセス
電車で
最寄駅
豊川稲荷駅(名鉄豊川線)、豊川駅(JR飯田線)

名古屋方面から
名古屋駅から急行豊川稲荷行に乗る。または、名鉄本線国府駅で名鉄豊川線へ乗り換え豊川稲荷駅下車。

または、JR東海道新幹線、豊橋駅下車。JR飯田線に乗り換え豊川駅で下車。

東京方面から
JR東海道新幹線、豊橋駅下車。JR飯田線に乗り換え豊川駅で下車。

車で
東名高速道路豊川ICから5分。
駐車場あり(有料)

開閉門時間
5:00開門~19:30閉門

周辺スポット
門前町のお店
豊川稲荷の門前町には名物のいなり寿司屋さんが並んでいます。また最近ではおきつねバーガーというバンズの部分がお揚げになっているものもあります。TV番組のB級グルメでグランプリを受賞したこともあるほどの味です。

赤塚山公園ぎょぎょランド(豊川市市田町東堤上1-30)
残念ながら年末年始は休館しています。
淡水魚の水族館です。館内には、東三河の代表河川「とよがわ」の流れをイメージした水槽を、河口から上流に向かって配置した「流れの水槽」、とよがわに生息する小型の魚や両生類・は虫類、世界の熱帯魚を展示する「アクアギャラリー」などがあります。現在、豊川水系の魚・両生類、世界の熱帯魚など80種2000匹が展示されています。


今川義元の墓(豊川市牛久保町岸組66)
教科書にも出てくる歴史人物のお墓です。大聖寺の境内にあり、明治まで存続した大大名のような大きなお墓ではありませんが、きれいに整備されています。
家臣たちが桶狭間で討たれた義元の胴体を駿河へ運ぶ途中、腐敗が進み、当時今川領であったこの地に埋葬したといわれています。

山本勘助の墓(豊川市牛久保町八幡口97)
武田信玄の軍師として知られる山本勘助。勘助の故郷がこの牛久保町であり、お墓は長谷寺の境内にあります。勘助は浪人時代、今川義元に仕官を願いに行くものの、勘助の容姿等を気に入らず、仕官を断っています。その義元と勘助のお墓が同じ地にあるとは、歴史の因縁を感じさせます。

豊橋総合動植物園のんほいパーク(豊橋市大岩町大穴1丁目238)
年末年始は休園しています。
豊川市のお隣、豊橋市にある動植物園。約40ヘクタールの広大な敷地に、動物園ゾーン、植物園ゾーン、遊園地ゾーン、そして自然史博物館が整備されたレクリエーションと学びの施設です。

スポンサーリンク


-未分類